国際教育センター TOPへ

米国夏期研修

研修概要 クレムソン便り

アメリカの生徒と共に学び、異文化理解を深める

海外での学校行事、米国夏季研修では、アメリカ・サウスカロライナ州のクレムソン大学で行われるSummer Scholarsに2週間にわたって参加します。優秀なアメリカの中高生と一緒に大学の寮で共同生活を行いながら、共に「コミュニケーション」「理科」などの科目を大学の教授陣から直接学ぶことができ、生徒にとって生涯忘れることのできない貴重な財産となっています。また、この経験をきっかけに在学中に海外へ留学したり、卒業後の進路として海外の大学を選択する生徒も出てきています。

3つの大きな特徴

1. アメリカ南部の名門大学、クレムソン大学の教授から直接英語で専門科目を学ぶ
単なる英会話や観光を目的とした留学とは違い、英語を使って化学や生物、スピーチなどの専門的な授業を学びます。
2. 全米の優秀な中高生を対象とした夏季講習に特別参加
クレムソン大学のSummer Scholarsは、学校での成績が上位10%以内、かつ、学校から推薦を得るなどの資格をクリアしたアメリカの優秀な中高生を対象にしています。桐朋女子はクレムソン大学が交流提携をしている唯一の海外の中学・高等学校であり、両校の信頼関係のもと、本校の生徒は他では得られないような貴重な経験をさせていただいています。
3. 大学寮ではアメリカ人とルームメイト
2人一部屋を使う大学寮ではアメリカ人の生徒とルームメイトになります。普段の生活を共にすることでコミュニケーションを重ね、生徒たちは言葉を超えた人と人とのつながりを実感します。
CU Summer Scholars >> 詳細(外部リンク)
<実践報告>米国夏季研修報告

事前学習と研修後のまとめ作業

クレムソン大学で夏季研修に参加する前に、事前学習を行います。
例えば、各自でサウスカロライナ州について調べてきたことを英語で発表したり、英語でのコミュニケーション方法を学んだりします。また、アメリカ人のルームメイトと話を始めるきっかけになるように自分の家族や学校、日本などを紹介するような写真などを貼っていくスクラップブックを作ったりします。
研修後には自分のテーマについて調べたことや考えたことをポートフォリオという形の作品にまとめて提出します。このポートフォリオはその後の日本での学校生活においても考察を深めていくことで、将来の進路にも大きな糧となっています。

事前学習

クレムソン大学について

アメリカ南部、サウスカロライナ州にある州立大学です。理科系の学部を中心に5つの学部から成り、全米公立ランキング23位(2017)の名門大学です。

クレムソン大学

クレムソン便り 2017

毎年、研修参加者の保護者の方に対して、研修期間の様子をほぼ毎日「クレムソン便り」というEメール通信をお送りしています。アメリカでの生活の様子をほぼリアルタイムに報告しているもので、研修の様子を理解していただく上でも参考になると思い、今年度のものを掲載します。

アトランタ市内 CNNにて

7月23日(日)

新宿や成田までのお見送り有り難うございました。今年は例年以上にスムーズなフライトで、とても快適にアトランタに到着することができました。そこからバスに乗り、午後8時頃にクレムソン大学の学生寮に到着しました。全員元気です。どうぞご安心ください。

7月24日(月)

今日から早速授業が始まりました。写真は午前のIntercultural Communication(以下ICC)から。担当してくださるのは今年もスミス先生とディクソン先生。これから来週の月曜日のロータリークラブでのプレゼンテーションに向けての準備が進んでいきます。
イメージ イメージ

授業では体を動かす活動も行われます。写真は、声を大きくするためのエクササイズ。体がほぐれて思わず笑顔が見られました。
イメージ イメージ

7月25日(火)

ICCに加えて、毎日生徒は理科の授業を1講座受講します。今日紹介するのはBiologyです。ご担当くださるのはワインブレナー先生。この先生にも、もう何年もお世話になっています。今日の授業の内容はネズミの解剖。生徒たちは先生の説明を真剣な表情で聞いた上で、慎重に作業を進めていました。
イメージイメージ

ICCの授業では各自スピーチの原稿作りが進んでいます。一緒に受講しているアメリカ人参加者とグループを作り、自分の発表内容について説明し、アメリカの高校生が使う自然な英語表現を教えてもらったりしています。このような作業を通しても、自然に交流が深まります。
イメージイメージ

イメージ イメージ

7月26日(水)

今日ご紹介する授業は、Biotechnology, Health, and Societyです。ご担当くださるのはキャサリン先生。
今年初めての講座です。
この授業では様々な実験を行います。写真は、自分の唾液から遺伝子を抽出する作業をしているところです。生徒は大きなスポイトのようなものを使っていますが、なんとこれは1台で数万円もするピペットで、日本だと大学の学部生では自由に使えないそうです。それを用いて実験できるなんて、すごいことですね。

イメージイメージ

イメージ

 

7月27日(木)

ICCの授業では、桐朋からの引率教員がアメリカ人受講生に向けて日本文化についての紹介をすることが毎年の恒例行事となっています。
今年は「風呂敷」を題材に、日本文化や日本人の価値観を紹介する講義を行いました。アメリカ人受講生は実際に風呂敷を用いてものを包むことに挑戦していました。
イメージイメージイメージ


その間桐朋生は、別室でディクソン先生の指導のもと、スピーチの練習を続けています。スライドショーも準備し、完成までもう一歩です。
イメージ イメージ

イメージ

7月28日(金)

Summer Scholarsのプログラムは基本的に1週間単位で実施されていて、アメリカ人参加者の多くは土曜日の午前中にクレムソンを離れます。
今日のICCでは、写真のようなアクティビティを行いました。目隠しをしている人に的確に指示を出し、コップでピラミッドを作ろうとしています。「何を、どのような順番で」伝えるか。言語技術の力も必要です。
イメージ

Biologyでは大学内の植物園に出かけました。アメリカの植物だけでなく、日本を含む世界中の植物もあって興味深く観察ができました。
イメージ


どちらの授業も今日が今週の最終回。クラスの集合写真を撮りました。
イメージ

イメージ

次回の「クレムソン便り」はこちらの月曜日にお届けします。保護者の皆様も素敵な週末をお過ごしください。

7月31日(月)

保護者の皆様、週末いかがお過ごしでしたか。今日からまた「クレムソン便り」をお届けします。 生徒たちは週末を、車で1時間弱の街Greenvilleまでプロ野球(マイナーリーグ)の試合を見に行ったり、ビーチに出かけたりして過ごしました。日曜日には新たなアメリカ人参加者がやってきて、ルームメイトも新しくなりました。今週は全員がアメリカ人のルームメイトです。 さて今日はロータリークラブでのプレゼンテーション本番でした。会場に入った時は少々緊張している生徒もいましたが、全員見事に発表をすることができました。 写真はプレゼンテーションの様子、ロータリーの皆さんとの語らい、この研修を2004年のスタート当初から支えてくださっているクレムソン大学の岸本先生ご夫妻と一緒に撮った集合写真です。
イメージイメージ

イメージイメージ

イメージ

8月1日(火)

今日はICCの時間を使って、毎年恒例のウォールマート見学に出かけました。生徒たちは食品、衣類、文具、電化製品、スポーツ用品から、なんとライフルや実弾まで何でも手に入る品揃えにビックリ(ちなみにライフルは釣り竿の横で売られています)。文化の違いを感じつつ、楽しそうに買い物をしていました。
イメージイメージ

イメージ


次の写真は大学への帰り道にクレムソン大学の創立に大きくかかわったクレムソン氏のお墓を訪れたところです。南北戦争の歴史などについての話も伺うことができ、生徒は熱心に聞き入っていました。
イメージ

8月2日(水)

今週になり、生徒たちは先週とは別の理科の講座を受講しています。
今週新たに加わったのは、Civil Engineering。担当はダンツ先生(オレンジの服を着ている方です)、昨年に引き続きご担当くださっています。
写真で行っているのは「与えられた条件で、可能な限りの重量を支えることができる構造物を作る」作業です。ストローや紙を用いて様々試行錯誤をしています。完成後はそれに本を載せていき、何冊載るかをグループごとに競っていました。
イメージイメージ

イメージイメージ

8月3日(木)

今週のICCの時間では、アメリカの文化の様々な側面について学びます。その一環として昨日はこちらのsushi barのsushi rollerさんに来ていただき、アメリカ流寿司(sushiは完全に英語です)の作り方の実演を見せていただき、生徒たちも実際に体験してみました。味付け用にチリソースがあったり、なかなか新鮮です。「寿司はこうあるべき」という固定概念をはずす良い機会かもしれません。
イメージイメージ

イメージ


理科の授業では実験室だけでなく、大学構内の様々な施設での実習も行います。Biologyの授業では大学構内にあるGoat Farm(ヤギ牧場)に出かけました。実際に動物に触れることで、初めて本当に理解できることもあると思います。こんな体験ができるのは、とても有難いことです。
イメージイメージ イメージ

イメージ


クレムソンでの日々も残り少なくなってきました。「帰りたくない〜〜!」という声が生徒の間からは今年もあがっています。

8月4日(金)

今週のICCの授業では、毎日先生からトピックが出され、授業の中で準備をして、その日(もしくは翌日)に発表するという活動を毎日行っています。桐朋生に出される課題は「日本の食べ物」「日本のスポーツ」「日本のエンターテインメント」など日本のことを紹介するもの。ちなみにアメリカ人受講生には逆にアメリカに関するトピックが与えられます。写真はスポーツについて発表しているところです。
先週一週間かけてロータリークラブに向けてのスピーチをまとめあげたことが自信となり、みんな短い時間で上手に発表を完成させていました。大きな進歩です。
イメージイメージ

イメージイメージ


Biotechnologyでは「犯人探しゲーム」をやりました。犯罪が起こり、現場に残された血痕と髪の毛を分析することで犯人を探します。まるでテレビのドラマにありそうですね。
イメージイメージ

イメージイメージ

イメージ


二週間の研修で生徒たちは大きく成長しました。今年は例年にも増してこのことを実感しています。今日でクレムソンの研修も終わり、明日にはアトランタに移動します。土曜日、日曜日を使ってアトランタの観光を行い、月曜日の飛行機で日本に向かいます。一回り成長されたお嬢様方の帰国を、どうぞ楽しみにお待ちください。
今日で今年の「クレムソン便り」も最終回です。お読みくださり有り難うございました。
EREHWON

2017年度 受講授業

Intercultural Communication Skills

スピーチの方法について学びます。日本文化に関するプレゼンテーションの原稿をアメリカ人の生徒と作り上げていきます。この授業を通して、桐朋生は英語での分かりやすいスピーチの構成方法を学びます。

Biology

動物解剖学や生理学などについて学びます。バクテリアの培養実験や本格的なネズミの解剖などを行いました。

Civil Engineering

様々な実践的なプロジェクトを通じて、施工管理、構造デザイン、風工学、輸送等について学びます。

Boitechnology,Health,and Society

DNAについて調べ、それがいかに人の健康や社会と関係しているか実験を通して学びます。(食品、犯罪捜査、新商品開発など)