進路
HOME > 進路 > 活躍する卒業生 > 卒業生は今(学生編)

卒業生は今(学生編)

Voice01

東佳緒里さん

67期紫'11年卒業生
東京学芸大学
教育学部

桐朋で過ごして、「変人」という概念にマイナスイメージを持たなくなりました。個性的で誇り高い桐朋生と過ごしてきたからこそ、「みんなちがってみんないい」を理解できたのだと思います。私はこれから小学校の教師として働きます。桐朋生活をいかして、子どもたちの個性も、自分の個性も共に大切にしていこうと思います。

Voice02

阿部かう子さん

67期紫'11年卒業生
東京歯科大学
歯学部

“桐朋”私の中に潜む個性を引き出し、発揮させてくれた場所。6年間を通じ、友だけでなく先生にまで感情をぶつけ合い、生まれた信頼。それは、私に自信と強さを与え、今の進路を選ばせてくれた。卒業してからも各々が決めた道で頑張り光輝く…そんな仲間をみて、私は、パワーをもらう。この関係は一生涯続くと思っている。

Voice03

並木真央さん

67期紫'11年卒業生
北里大学
薬学部

体育祭では学年が一致団結し、部活動では先輩・後輩が励まし合って練習を乗り越えてきました。先生方や桐朋生の支えがあって自分はここにいることに気づき、そしてそれを感謝できるようになりました。卒業後も変わらぬ桐朋で出会った人との繋がりはもちろん、社会に出てこれから出会う人の支えになりたいと思っています。

Voice04

武川亜紀さん

68期緑'12年卒業生
明治大学
法学部

桐朋生活を通して、自主性が培われたと思います。体育祭や文化祭などの行事では、生徒が自主的に企画運営を行います。熱意を持って取り組むこと、そして確実に実行することを経験することができました。様々な個性の人がいる中で、組織の中の自分の役割を考え、主体的に動くという経験は卒業してからも役に立ちました。

Voice05

田島真梨絵さん

68期緑'12年卒業生
東京農工大学
農学部

私にとって桐朋生活ははかけがえのない時間でした。他人を尊重しながらも自分というものをしっかりと持ち、逞しくも清々しい最高の仲間に出会えたことは一生の財産です。また私は大学で首席を頂きました。それは桐朋で粘り強い努力をできるように教えて頂いたおかげだと思っています。今後の人生でも粘り強く生きたいです。

Voice06

藤野夕香さん

69期黄'13年卒業生
北里大学
医学部

12年の桐朋生活を経て初めて外の世界に出てみると、桐朋生の積極性やリーダーシップをとる力、人の前に立つ力を改めて感じます。勉強、部活、体育祭などの行事、全てに全力投球して過ごした日々が、桐朋生としての自信と誇りを与えてくれたのだと思います。自分らしく生きる事の大切さを教えてくれた桐朋は私の原点です。

Voice09

梅原鈴奈さん

71期青'15年卒業生
東京大学
文科3類

体育祭や文化祭はもちろん、委員会、部活動を自身の手で動かしていく桐朋の日々は、忙しくも濃密で刺激的で充実したものでした。桐朋は最高の仲間と出会えた場でもあります。6年間で出会った先輩や後輩、何より青の仲間。彼女たちから学んだ、夢や目標を貪欲に追及し続ける姿勢は、私の根底を支え続けてくれるであろう大切な財産です。

最上部へ