受験生・保護者の方へ

帰国入試Q&A

Q1.帰国生として受験できる入学試験には、どのようなものがありますか。
2月1日に実施される中学校入学試験「A入試」と12月と1月に実施される「帰国生対象特別入試」があります。
2月1日の「A入試」では、小学校6年間のどこかの時点を海外で過ごした経験のある人すべてを帰国生として認定します。「帰国生対象特別入試」は、保護者の方の転勤や留学等に伴って海外に1年以上滞在し、小学校4年生以降に帰国された方が対象となる試験です。
なお、2月2日に実施される中学校入学試験「B入試」では、海外経験などは特別に考慮致しませんが、全日制の日本人学校で日本国内と同じ教育を受けた方は是非受験をご検討下さい。
Q2.それぞれの試験の内容について、教えてください。
2月1日の中学「A入試」は、問題は日本国内からの受験生と同じ「口頭試問」「筆記試験(国語と算数)」です。海外で日本の学習が十分にできなかった帰国生が不利にならないよう、滞在期間・在籍校の種類・帰国時期などのデータに基づいての試問、審査が行われます。滞在期間が長く、帰国時期が試験間近で、出身校が現地校・国際校である場合などは特に注意して審査します。
「帰国生対象特別入試」の試験内容は「外国語(英語・フランス語・ドイツ語のいずれか)による作文」と海外での学習と生活についての面接です。小学校の高学年まで海外の学校制度のもとで学んでいた帰国生が対象ですが、最終在籍校が全日制日本人学校であっても出願は可能です。海外の現地校や国際校での学習にどのように意欲を持って取り組んだかを、2種類の面接でしっかり確認し、外国語による作文と併せて総合的に合否を決定していきます。「日本語での学習経験は少ないけれど、海外では誰にも負けないくらい勉強した」という皆さんにお選びいただければと考えています。
Q3.2月1日の「A入試」と「帰国生対象特別入試」の両方に出願することは可能ですか。
できます。「帰国生対象特別入試」と「A入試」および「B入試」の併願が可能です。
Q4.海外での生活年数が短いのですが「帰国生対象特別入試」で不利になりませんか。
大丈夫です。外国語の作文は、受験生の海外での生活年数を踏まえた上で読ませていただきます。例えば英語圏に10年間滞在していた方と、2年間滞在していた方が受験されたと仮定して、そのお二人に同じ英語力を求めるようなことはしません。海外の学校での成績に関しても、ただ良い成績をとった受験生を評価するというのではなく「どれだけ頑張ってきたか」という視点で見ていきます。
Q5.海外で通った学校が全日制日本人学校でした。どちらの試験を受ければよいですか。
2月1日の「A入試」を受験していただくのがよいでしょう。日本人学校でも大規模校で日本からの情報も入って来やすい学校と、1学年あたり数名しかいないような小さな学校の両方があると思います。その点についても十分考慮した上で、合否の判定はなされます。
Q6.現地校・国際校に長く通ったのですが、小学校3年生の時に帰国しました。 ずっと日本にいた人と同じ試験を受けなくてはいけなくて不安です。
Q2でも説明しましたが、2月1日の「A入試」においても、帰国生の皆さんの海外での経験に十分配慮しての試問・選考が行われます。自信を持って試験に臨んでください。
Q7.願書を入手したいのですが、どのようにすればよいですか。
「A入試」と「B入試」の願書は、どなたにでもお渡しします。日本国内であれば郵送も可能です。
「帰国生対象特別入試」は願書をお渡しする前に出願資格の確認をさせていただきます。本校ホームページより必要な情報をお送りください。
Q8.帰国生対象特別入試の過去問(作文のテーマ)を教えてください。
2016年度の課題は、「海外滞在中の最も幸せな日、または最も忘れ難い日について」(英語)でした。その他、「滞在国で一番面白かった授業」(英語)、「滞在国における子どもたちの自由時間の過ごし方」(英語)、「住んでいた国で一番好きだった場所」(英語)などのテーマが出題されています。なお、この課題も選択した言語で出題されます。
Q9.帰国生の補習(国語など)はどのようになっていますか?
週に2回、放課後に時間をとり(3時30分から70分間)、国語と数学の補習を学年ごとに行っています。この補習は希望者を対象にしていますが、最初はなるべく参加することをお勧めしています。補習を受ける必要がなくなれば、参加しなくなっても構いません。
Q1.帰国生として受験できる入学試験には、どのようなものがありますか。
本校が第一志望である方を対象とする「帰国生対象推薦入学試験A(現地校・国際校出身者用)」「帰国生対象推薦入学試験B(全日制日本人学校出身者用)」、および併願可能な「帰国生対象入学試験A選考(外国語による作文型)」「帰国生対象入学試験B選考(筆記試験型)」の合計4種類の試験があります。
Q2.それぞれの試験の内容について、教えてください。
「帰国生対象推薦入学試験A(現地校・国際校出身者用)」「帰国生対象推薦入学試験B(全日制日本人学校出身者用)」の試験内容は、「面接」(日本語、受験生のみ20分間)です。出願資格の詳細については募集要項をご参照ください。
「帰国生対象入学試験A選考(外国語による作文型)」の試験内容は、「外国語(英語・フランス語・ドイツ語のいずれか)による作文」と「面接」〈Ⅰ 学習について Ⅱ 生活について〉(日本語、受験生のみ、Ⅰ・Ⅱとも20分間)です。海外の現地校や国際校で学んだ方を想定していますが、全日制日本人学校であっても出願は可能です。
「帰国生対象入学試験B選考(筆記試験型)」の試験内容は、「筆記試験(国語・数学・英語)」と「面接」(日本語、受験生のみ20分間)です。
「A選考」と「B選考」は試験日が異なりますので、両方の試験を併願することも可能です。
Q3.海外の学校で9年生を修了していないのですが、受験できますか。
本校では「学齢相当」での受け入れをしていますので、9年生が終わっていなくても受験可能です。中学卒業の資格を取るために、わざわざ短期間日本の学校に籍を置く必要はありません。
Q4.願書を入手したいのですが、どのようにすればよいですか。
願書をお渡しする前に、出願資格の確認をさせていただきます。本校ホームページより必要な情報をお送りください。資格が確認できましたら、願書は日本国内のご連絡先様まで郵送させていただきます。学校説明会にお出でくだされば、その場で出願資格の確認をさせていただき、願書をお渡しいたします。
帰国・転編入試お問い合せ
最上部へ