HOME > 桐朋女子ニュース一覧

桐朋女子ニュース一覧

生物班 室内実験実習講座参加

  • 部活動

11月23日(金) 生物班高校チーム9名+高3有志1名の10名で、東京生物クラブ連盟主催の室内実験実習講座に参加しました。午前中はカイコの観察及び解剖、午後は遺伝子組換えによる蛍光タンパク質を含んだ繭から、蛍光タンパクを抽出する実習でした。オワンクラゲの蛍光タンパク質GFPの遺伝子導入カイコガが作成した、光る繭。この繭からGFPを、疎水クロマトグラフィーにより分離、抽出しました。解剖はおそるおそる触る所からのスタートでしたが、いつしか夢中で取り組み、あっという間に終了時間を迎えた感じでした。

ダンス部 全国中学校高等学校ダンスコンクール

  • 部活動

11/23(金・祝)に、メルパルクホールで行われたコンクールに、ダンス部の中2から高231名が出場しました。中学の部29作品、高校の部63作品と、出場校・作品数が多く、とてもレベルの高いコンクールです。

 

中学生

「蝶-美しきもの-   森の中で美しく舞うには多くの困難を乗り越えねばならない。美しくも厳しい蝶の生命とは。

写真にもあるように、成虫前の状態(葉・土色メイン)から羽ばたく姿(色鮮やかなワンピース)までの変化を見せられるように、仕掛けのある衣装を自作しました。

高校生

「仮面の雫」  お道化(どけ)た笑顔の奥に哀しみの一滴が流れる

笑われる道化の存在でありながらも、そこには哀しみも存在しているピエロの顔の涙の意味を表現した作品。途中で赤い手袋から青い手袋にかわり、仮面の涙の意味を強調するシーンを作りました。

 

プロの方の照明を浴びて、踊ることを楽しめていました。残念ながら、受賞には届きませんでしたが、今までで一番良い発表となりました。

また、全作品発表の後のエキシビションでは、主催の大学で活躍している桐朋女子卒業72期白)のソロ作品が発表され、卒業生の活躍も見ることが出来ました。

外部の大会に出て、練習の成果の評価を受けることは、新たな目標を見つけられる機会でもあります。これからも目標を持ちながら、活気のある活動を続けていきたいと思います。

第41回東京都高等学校文化祭放送部門決勝

  • 部活動

11月25日に行われた第41回東京都高等学校文化祭放送部門決勝、桐朋女子からはアナウンス部門に4名、朗読部門に1名、オーディオピクチャー部門に1作品、出場しました。全員、日頃の練習の成果を出しきった結果、オーディオピクチャー部門では高2制作の「帰ってきたものたち」が3位に、アナウンス部門では高2の2名が7位に入賞しました。また、アナウンス部門では1名が4位に入賞し、1月に行われる関東大会への出場が決まりました!高校2年生にとって最後の東京都大会。高2全員が入賞でき、感慨もひとしおでした。

 

第46回 東京私立中高協会写真展

  • 部活動

芸術の秋、写真部は第46回東京私立中高協会写真展に20作品を応募しました。そのうち中学3年生の1作品が最優秀に相当する会長賞(3枚目)を、高校2年生の作品の1つが入選(4枚目)を果たしました。上野・東京都美術館にて、会期は11月18日~24日の9:30~17:30(最終日は11:30迄)です。

中1C組SHR企画「高3F組 講話」

  • 中1

5月から10月までの火曜日、朝のホームルームの時間を使って中学1年C組に毎回3人ずつ講話に来てくれました。講話のテーマは『私の夢について。』話し手は、自分の体験談や将来の目標のためにここへ進学したいなど、個性を生かしたその人しか話せない内容でしっかりとした気持ちを伝えてくれました。中学1年にとっては、この桐朋生活6年間をどのように過ごしていけば良いのか、また将来の目標をどう見つけていけば良いのかなど様々な思いをもって聞きました。受験を控えているなかではありましたが、高校3年にとっては自分を見つめ直す良い機会となり、将来に向けての覚悟と、改めて今何をしなければいけないのか考えるきっかけになったのではないでしょうか。

ESS活動報告

  • 部活動

ESSは、10月21日(日)に開催された「第70回東京都高等学校英語プレイコンテスト」(東京都高等学校英語教育研究会主催)に出場し、昨年に引き続き準優勝することができました。今回は文化祭で演じた『ラ・ラ・ランド』という英語ミュージカルを、さらに練習を重ねて再上演しました。会場全体を使う場面を設けるなど演出に工夫を凝らし、文化祭の時よりも迫力のある演技を堂々と披露することができました。今後は、来年3月末に行われる「ドラマフェスティバル」に向けて、新しい劇の制作をスタートさせます。

高3化学 実験「天然高分子」

  • 高3

高3化学の授業です。

デンプンやグルコースなどの糖、卵白中のアルブミンというたんぱく質を用いて、天然高分子の性質を調べる実験を行いました。授業は12月まで続きますが、実験はこの日が最後。写真にあるように、銀もきれいに試験管に生成し、名残おしくも、最後まで楽しく充実した実験ができました。

剣道部 高等学校第7支部大会

  • 部活動

11月11日に開催された東京都高等学校第7支部大会の結果をご報告致します。

本校生徒は、1名が女子弐・参段の部で3位入賞を果たしました。

新たな課題を見つけ、切磋琢磨しつつ、次の試合に繋げていきたいと思います。

中学3年 社会科見学

  • 中3

中学校3年の社会科は公民的分野の学習を行っています。より深い理解を得るために、東京法テラスと東京地方裁判所の傍聴を行う「弁護士・裁判所コース」、障がいを持たれる方を積極的に雇用する日本理化学工業(チョーク工場)とサントリー府中工場を訪ねる「製造業コース」、羽田クロノゲートと味の素川崎工場を見学する「流通業・製造業コース」、靖国神社としょうけい館で学ぶ「平和コース」、JICA地球ひろばとUnicefを訪ねる「国際理解コース」の5つのコースに分かれて社会科見学を実施しました。

いずれの見学先でも「考える」機会を得て、熱心に質問をしたり、発言をするなど学び多き1日でした。生徒たちは見学を元にテーマを立てて、レポートにまとめます。

中学2年 社会科見学

  • 中2

中学2年生は、社会の授業の一環で、江戸東京博物館に行ってきました。江戸時代のことを展示する江戸ゾーンと、明治時代以後のことを展示する東京ゾーンを見学し、レポート作成に向けての情報収集をしました。それぞれがレポートのテーマを設定し、その視点から「江戸」と「東京」の共通点や相違点を取り上げ、自分の考えを言葉にしていきます。

最上部へ